クレジットカード現金化の注意点

キャッシュバック方式でクレジットカード現金化するメリット・デメリット

キャッシュバック方式でクレジットカード現金化するメリット・デメリット

今すぐお金が必要なのに金融機関で借入ができなかったら、そんな時の強い味方がクレジットカード現金化です。

そんなクレジットカード現金化は、購入した商品を換金する、いわゆる買取方式のやり方しか昔はありませんでしたよね。

しかし、今はキャッシュバック方式という新たな方法が登場してるのはご存じでしょうか?

新しい現金化の方法であるキャッシュバック方式、このやり方やメリットデメリットを紹介するので、ぜひ情報をアップグレードさせてくださいね!

キャッシュバック方式のやり方とは?

キャッシュバック方式のやり方

キャッシュバック方式のやり方は全く難しくはありません。

自分で行う作業は、指定された商品をクレジットカードで購入するだけ。そうすれば、業者が換金率に合わせた金額を入金してくれます。

自分でやるのはたったの一作業だけ、買取方式を知っているなら、あまりの手軽さに驚くかもしれませんね!

買取方式による現金化はお得
ネット業者の中では少ない?買取方式による現金化はお得?インターネットで申し込みを受け付けているクレジットカード現金化業者の多くで、キャッシュバック方式による手続きを採用しています。 実...

キャッシュバック方式のメリットは?

キャッシュバック方式のメリット

あまりに手軽に現金化できるキャッシュバック方式ですが、実は沢山のメリットがあるんですよ。

手間が掛からずに現金化できる

上記で紹介したように、キャッシュバック方式で自分が行う作業は商品の購入だけ。

買取方式みたいに、購入した商品を店舗に持っていったり業者に送ったりする手間はかかりません。

即日入金が可能

ネットの現金化業者を利用した場合、買取方式だと購入した商品が業者に届いてからの入金になりますよね。

そうなると、入金まで早くても3日は掛かります。

その点、キャッシュバック方式は商品購入の確認が取れればすぐに入金してくれるので、即日入金も可能なんです。

だから、当日中にお金が欲しい時はキャッシュバック方式一択になるんですね。

カードの利用停止のリスクが低い

キャッシュバック方式で購入する商品は換金性が低い商品が多いです。

なので、カード会社に現金化目的だとバレにくく、利用停止のリスクが低いんですね。

逆に買取方式だと換金性が高い商品を購入せざるを得ないので、カード会社にバレる可能性が高くなります。

キャッシュバック方式のデメリットは?

キャッシュバック方式のデメリット

当然ですが、キャッシュバック方式にはデメリットもあります。

ネット業者しか選択肢がない

キャッシュバック方式を行っている店舗は無いため、この方法で現金化したいならネット業者を利用するしかありません。

相手の顔を見て取引したい、実態がわかりにくい業者は利用したくない、こんな人はやめた方がいいかもしれないですね。

換金率が低くなりがち

換金性が高い商品を転売できる買取方式に比べ、キャッシュバック方式はどうしても換金率は低くなりがちです。

大体が70~80%、高くても90%くらいが換金率の相場になります。

商品によっては90%以上の換金率も狙える買取方式に比べると、少々寂しい換金率なのは否めないですね。

まとめ:リスクが低いキャッシュバック方式はオススメの現金化方法!

キャッシュバック方式について、いかがでしたか?

こんな手軽なやり方ができたのか!と驚く人もいれば、トラブルに巻き込まれそうだと不安に思った人もいたかもしれませんね。

でも実は今、ネットでは買取方式ではなくキャッシュバック方式の方が主流になりつつあるんですよ!

作業の手間が掛からない、即日現金化できると、その便利さがキャッシュバック方式が増えてる理由でしょうね。

優良業者を利用すればトラブルの心配なく現金化できるので、お金に困った時はキャッシュバック方式の利用を考えてみてはいかがでしょうか。