クレジットカード現金化の注意点

クレジットカード現金化のメリットとデメリット

クレジットカード現金化のメリットとデメリット

クレジットカード現金化を利用する人が多くなっています。その理由は、消費者金融や銀行からの借入を利用するよりも気軽に現金を手に入れることができるからです。

現金化にはいくつかのメリットがありますが、その一方でいくつかのデメリットも存在します。

ここでは、クレジットカード現金化によるメリットとデメリットを解説します。

クレジットカード現金化のメリット

クレジットカード現金化のメリット

クレジットカード現金化をするメリットは2つ。

  • バレることなく現金を手にできる
  • 商品や買取店を探す必要が無い、手間がかからない

バレることなく現金を手にできる

現金化のメリットとしては、まず他の誰にもバレることなく現金を手にできることが挙げられます。

消費者金融や銀行からの借入を利用すると、自宅や職場などに連絡がいく可能性があります。そうなると、家族や同僚などの信頼を失う危険性も考えられます。

ところが現金化であれば基本的には通知が行くことはなく、誰にも知られることはないのです。

もちろん、業者によっては通知を送付する、としているところもあるかもしれませんが業者の多くは通知をすることはありません。

商品や買取店を探す必要が無い、手間がかからない

そして、わざわざ自分で商品や買取店を探す必要が無い点もメリットだと言えます。

自分で現金化することもできますが、その場合には自身で商品や店を調べなければなりません。

しかし、業者を利用すれば購入する商品は指定してくれますし、買取もその業者に行ってもらえばほとんど労力をかけずに現金化を済ませられます。

仮に自分で選んだ商品の買取率が低いと、損をすることもありますので買取率が決められている業者が指定した商品を選んだ方が、お得に現金化ができると言えます。

クレジットカード現金化するなら優良サイトがおすすめ

クレジットカード現金化のデメリット

クレジットカード現金化のデメリット

次にデメリットを見ていきましょう。

リスクがある

デメリットとしては、気軽に現金化できるからと言っても月に何度も利用するのはリスクがある点です。

確かに、現金化の流れを掴んでしまえば簡単に現金が手に入ります。しかし、カード会社の利用規約には現金化を違反としているところもありますので、場合によってはカードの利用停止や残額の即時支払いを命じられる可能性があります。

そのため、現金が必要な時に現金化したくても期間を空けずに何度も行うのは大きなリスクが伴うのです。

クレジットカード現金化のリスク
知っておきたいクレジットカード現金化のリスクどうしてもお金が必要になってしまったけれどキャッシングは利用できないし、他に借りるアテもない、そのようなときにはクレジットカード現金化を...

まとめ

クレジットカード現金化は、一度利用するとつい何度も利用したくなるものだと言われています。

魅力的なメリットがあるのも確かですが、その裏にあるデメリットをしっかり把握することも大切です。

満足のいく現金化にするために、繰り返し現金化をしても自分だけは大丈夫といった過信は捨てることも忘れてはなりません。