クレジットカード現金化の注意点

クレジットカード現金化を繰り返し行いたいときの注意

クレジットカード現金化を繰り返し行いたいときの注意

クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピングの現金枠を換金する行為のことを言いますが、クレジットカード会社は規約違反としていることが多いです。

それでもメリットは多く、少額なら返せるから繰り返し行いたいこともあります。

どのようなことに気をつけたらよいのでしょうか。詳しく解説していきます。

購入する商品を変えていく

購入する商品を変えていく

クレジットカードを使って商品を購入すると、金額と日付などの明細が残ることになります。

詳しい商品の内容まではわからないこともありますが、同じ商品を繰り返し買っているとクレジットカード会社から怪しまれるきっかけとなります。

自分でクレジットカード現金化をおこなうときは購入する商品を変えていく、同じ業者を使うと同じ商品になるため業者を変えていく、ということが繰り返しおこなう時に変更できることです。

商品の明細は変わっていくことになりますので、怪しまれる可能性が減っていきます。

自分でもできるクレジットカード現金化はデメリットだらけ
自分でもできるクレジットカード現金化はデメリットだらけ?実行の際の注意点クレジットカード現金化は、専門の業者を利用せずに自身の力だけで行うことが可能です。 怪しげな業者に引っかかる心配がないこと、個人情...

使うクレジットカードを変える

使うクレジットカードを変える

クレジットカードの会社は、自分の会社の中で引き落としや内容などは細かくチェックしていることもありますが、当然ですが他社の状況まではわかることはありません。

クレジットカード現金化の業者では複数枚のカードの使用ができることもありますし、カードごとに業者を変えることも可能です。

他社の状況までは把握していませんので、もしクレジットカードを複数枚持っているのなら、カードを分けることで怪しまれることはなくなっていきます。

この場合、どの会社でどれくらいの現金化をしたか把握しておくことは、滞納しないためにも忘れないように確認しておくことが良いです。

そもそもまとまったお金で現金化できないか考慮する

お金で現金化できないか考慮する

少額で何度もおこなうと自分で管理がしやすく、わかりやすいと感じるかもしれないですが、回数が多いということはそれだけリスクが上がります。

回数を増やさないためにも、できるだけまとまったお金で現金化できないか考慮することも大切なことです。

業者によっては、現金化をおこなう金額が多ければ多いほど換金率が上がっていく業者もあります。

自分にとってメリットもありますので、返済の目途がしっかりついているのなら次第に現金化の金額をまとめてすることがおすすめとなります。

まとめ

しかしながら繰り返し行うことでクレジットカード会社に怪しまれることとなります。

できるだけ工夫をしながらおこなうと、視線をそらして目をつけられることが無くなっていきます。