クレジットカード現金化の注意点

知っておきたいクレジットカード現金化のリスク

クレジットカード現金化のリスク

どうしてもお金が必要になってしまったけれどキャッシングは利用できないし、他に借りるアテもない、そのようなときにはクレジットカード現金化を考えてしまうこともあるでしょう。

現金化はクレジットカード会社が禁止しているものであるため実行には大きなリスクが伴いますが、それでも行いたいと思う人が少なくないのも事実です。

事前にどのようなリスクがあるのかを知っておくことで、本当に行うべきなのか判断することができるようになるでしょう。

現金化の一番のリスクはカード利用ができなくなること

クレジットカードを利用できなくなる

まず現金化最大のリスクがクレジットカードを利用できなくなるということにあります。

現金化の事実がクレジットカード会社に知られてしまった場合、ペナルティとしてカードの利用が停止されます。

場合によっては退会処分になることもあり、そうするともう二度とそのカードを利用することができなくなってしまうのです。

更に、退会処分の場合はいままでカードで利用してきた金額を一括で返済しなければならなくなるなど、かなりの負担を強いられることになるでしょう。

つまり、ちょっとしたお金を手に入れるつもりが大きな損をするということになるわけですから、相応の覚悟を持って挑む必要があるわけです。

また、そもそも現金化はその場でお金が手に入ったとしても、後日結局自分でそのお金を支払うことになるため、借金といっても過言ではありません。

現金化するために購入した商品が高く売れなければ大きな損をしてしまいますから、よほどうまくやらなければならないというのもある意味リスクであるといえるでしょう。

個人情報を悪用される危険性も

個人情報を悪用される危険性

クレジットカード現金化は自分ですべてを行う以外にも、業者に依頼するという方法もあります。

業者を通して行ったほうがカード会社に知られづらいというメリットがありますが、一方で業者選びを間違えると個人情報が悪用されてしまうという大きなリスクも存在しています。

ただ単に現金が振り込まれなかっただけならば損をしただけですみますが、もしカード情報を悪用されてしまえばそれ以上の損害が発生してしまうためくれぐれも注意が必要です。

もちろん業者の中にはきちんと対応してくれる業者も一定数いるため、もし業者を利用するのであれば事前にしっかりと情報収集をしてから挑む必要があるでしょう。

まとめ

クレジットカード現金化はキャッシングなどよりも簡単に現金を手に入れることができる方法ではありますが、相応のペナルティがあることは意識しておかなければなりません。

どうしても行うのであれば、自己責任であることを念頭に置き、万全の準備をしてから行うようにしたいものですね。